NEW POST

なんじゃもんじゃの会 8月

8月のなんじゃもんじゃの会は
竹を使って作って食べよう、企画でした。
あ、あと、ロケットストーブで調理というのも。

竹細工職人スタッフさんのお力添えで
素麺を流す、竹のといと
ちびっ子たちは自分のそうめん用おちょこを
作りました。

朝までは雨が降っていたという
高森町の上色見。
うちからは車で30分くらいのところです。
今回長女のハルは「やめとく~♪」とのことで
やる気満々のホーとすみっこを連れて参加。
2回目の集いで、大人同士、子ども同士、大人と子どもも
少しづつ打ち解けて、いろんなお話ができました。





c0335990_10420164.jpg

すっかり晴れて、暑かったです。
ロケットストーブで火の番をしてくれたパパさん
ありがとう。。暑かったことでしょう。。




c0335990_10420954.jpg

竹をのこぎりでぎーこーぎーこー。
ふうふう言いながら頑張っていました。



c0335990_10420572.jpg

スイカのさしいれ、嬉しいな。



c0335990_10421385.jpg

割りたての竹の中には
ペランとした薄紙のような皮があって
それが美味しさの素だそうです。
カッポ酒はこれがあるからおいしいそう。

この日はカッポ酒ではないのですが。。



c0335990_10421807.jpg

ロケットストーブ調理は
ダッチオーブンに持ち寄り野菜と
鶏肉を入れてじっくり火にかけたもの。
子どもたちは切っただけで後は火にお任せでした。
もちろん、美味しい!



c0335990_10422102.jpg

日なたは暑いけれど、畳の大広間は風が抜けて
とっても涼しい。
すみっこよりもチビちゃんがたくさんいて
赤ちゃんがかわいくて気になっちゃう様子。



c0335990_10422503.jpg

こういう年齢差のあるかかわりが
楽しいです。

流しそうめんは、やっぱり大人気でした。
自分のおちょこはいっぱいなのに、
流れてくるとついすくってしまう子、続出。
手づくりの竹のといは、節のところで
お素麺があふれたり、うまく流す工夫がいりましたが
それがまた、楽しくて。

次回はロケットストーブづくり!
ホーがまたまた喰いついて、とっても楽しみにしています。
小さな枝だけで煮炊きができる
効率のいい薪コンロ。
災害時に役立つことは間違いないです。
地震のときには専らカセットコンロを使ったそうですが
カセットのガスが手に入らなくても
火が使えるのは安心です。
うちにもロケットストーブがやってくる~。





c0335990_10424333.jpg

アクティブな日々ですが
家ではお絵かき三昧です。
あと、ままごと三昧。
ああ、いつもにも増して部屋がちらかる夏休み。。




c0335990_10425857.jpg

朝、畑でみかけた羽根がちぎれちゃったチョウチョ。
綺麗な文様。

それにしても、草の勢いすごいです。
そして虫の勢いも。
かないません。。





c0335990_10430684.jpg

ぶんぶん、マルハナバチ(かな?)。



c0335990_10432452.jpg

少し前のトウモロコシ。
だいぶ大きくなってきました。



畑ではキュウリがちょっと収量が落ちきてています。
次の地ばいキュウリへのバトンタッチまで
少し間があきそうです。
オクラはとれはじめました。

ピーマン&パプリカとナスは
順調です。
たくさんとれて、うちではピーマン祭中。
塩で炒めただけのシンプルな味が
美味しいです。
おススメレシピがありましたら
みなさんにシェアしたいので
コメントやメッセージをよろしくお願いします。

ツルムラサキを生のままこうじ漬けにしてみました。
私は好きな味です。
塩分が恋しい夏です。


[PR]
by nanokazefarm | 2018-08-05 11:15 | 日々の暮らし | Comments(0)

自然豊かな熊本県の南阿蘇村で、農薬や化学肥料、大型の機械に頼らず、こつこつ畑作りをしています。少量多品種の野菜を育て、個人宅配を中心にお届けしています。また農産物を使った加工品も展開中です。詳細は下のご案内をご覧ください。


by 菜の風農園
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31