NEW POST

なんじゃもんじゃの会 11月

c0335990_12022437.jpg


月に1回の「なんじゃもんじゃの会」。
今月は「高森 殿の杉」近くの
牧野で草原学習でした。
朝まで雨が降っていて
霧がかって、寒いだろうと思っていたら
みるみるお日様がさしてきて
ポカポカになりました。

殿の杉近くには駐車場もありますが
なんじゃもんじゃ一行はハイキングしました。
影ふみしながらあるく、すみっこさん。

先月みんなで登ったという
清栄山を見上げながら歩きます。





c0335990_12023494.jpg


殿の杉には、この辺りのお殿様が
島津家に城を攻め落とされ
この杉の下で自刃したという
悲しい歴史があるそうです。
(うろ覚えですが、、合ってるかな)
歴女のハルは連れてこなかったので
伝え聞いたお話を帰ってからしてやりました。
初めて見に行きましたが
すごく大きな杉の木で
変わった形をしてました。


c0335990_12021773.jpg
筆でシュッと描いたみたいな、雲だねえ、と、すみっこ師匠。





c0335990_12023014.jpg


道々、なぜか気に行った石を拾い集める
すみっこ。
重くても頑張って持ち歩く。
ホーはお友達と色んな所に
飛び回っていて、どこにいるのやら。。

牧野では牛のフンにいるという
虫を探しました。
「うんこむし」って、、と、ちょっと引いていましたが
ネイチャーガイドさんが説明してくれたように
その虫がいないと牧野はフンだらけになっちゃう!
そして、見つけた虫は本当に
宝石のような輝く色をした甲虫でした。
角があるのもいて、美しい。
ほとんどうんこの中にいて
その下に穴を掘って卵を産むそうです。
美しくある意味は何だろうと思ってしまいます。
輝く身体も誰にもほとんど見せることはなく。。
宝物ってこういうのかも、と。

「うんこ、くさい」と言っていた子どもたちも
わらわら集まって見つめていました。
そして、草を食べている牛のうんこは
それほど臭くなかったです。
自分のうんこの方が臭いです。



c0335990_12024006.jpg


こういうのに全く動じないすみっこは
幼虫集めをしてました。
5、6匹手に載せたのを見せられたところで
ちょっと「おえ」となってしまい
「元のところに戻そうか~」と促してしまいました。
子どもの好奇心は素晴らしい。




c0335990_12021312.jpg

野いばらの実。
牧野では牛たちが棘のついた草を食べ残すそうです。
ローズヒップのお茶になるかな、と女子はワイワイ。
美味しい実もあったそう。



c0335990_12021018.jpg

苔の森。
苔観察はいつかしてみたいことの一つです。




c0335990_12020729.jpg

一の峯登山のときにも見かけたお花。
「山らっきょ」というそうです。
これを摘んだMくんが
ネイチャーガイドさんの
「どんな匂いがするかな?」の質問に
「…から揚げ」と答えたのが
ものすごく言い得ていて
もう名前を忘れないと思います。




広場に戻ってきてから
みんなでお弁当を食べました。

こうやって思い返していると
じわじわといい体験したな、と感じます。
身近に知らない不思議がいっぱいあります。
体験することは大事だなあ。


[PR]
by nanokazefarm | 2018-11-22 12:38 | Comments(0)

自然豊かな熊本県の南阿蘇村で、農薬や化学肥料、大型の機械に頼らず、こつこつ畑作りをしています。少量多品種の野菜を育て、個人宅配を中心にお届けしています。また農産物を使った加工品も展開中です。詳細は下のご案内をご覧ください。


by 菜の風農園
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31